ETCカードの車載器は自分で取り付け可能ですか?

ETCカードを使うには、車に車載器を取り付けなければいけません。

車載器にも種類はありますが、自分の好きなタイプを選べます。

車載器は大型量販店やカー用品を扱うお店からも購入できますが、取り付けに関しては自分で行う事もできます。

車好きな人なら大抵は自分で取り付けられると思いますが、あまり機械に強くない人は購入したお店で取り付けてもらう事もできます。

ただしこの場合は取付工事費用がかかります。

もしも知り合いや友人に、機械に強い人がいるなら車載器を取り付けてもらうという選択肢もあります。

車載器もレーザー探知機や、カーナビと同じように、簡単に取り付けられるタイプもありますので、挑戦してみるのもいいかもしれません。

ただし自分で車載器を取り付ける事ができても、初回のセットアップには3,000円の費用がかかります。

車載器とETCカードがあっても、セットアップをしていないと利用できません。

なるべく費用を抑えたい人は車載器を自分で取り付け、ETCカードも年会費無料のところを選べます。

しかしセットアップ費用の3,000円はカットできませんので事前に用意しておきましょう。

セットアップに関してはインターネットからでも設定できますし、郵送などでも受け付けています。

車載器を購入する場合も費用はかかりますが、利用頻度によってちがいはあるものの、ETC割引などを利用すれば意外と早く元は取れると言われています。

車載器代とセットアップ費用だけかかりますが、後は抑える事ができます。

有効期限が切れていた

ETCカードにもクレジットカードと同じように、有効期限があります。

期限内は問題なく使えますが、有効期限切れのカードをそのまま使っているとエラーになるので、ETCゲートが開きません。

有効期限切れのカードでも車載器は普通に読み取りますが、ゲートの方はエラーとなります。

ETCカードの有効期限が近くなると、カード会社から通知が来ます。

カード会社による対応の違いはありますが、更新手続きをしなくても自動的に更新され、新しいETCカードが送られてきますので、期限になったら新しいカードと交換しましょう。

ETCカードを長い間使っていないと、自動更新されない場合もあります。

自動更新されない場合は、更新手続きが必要になりますので、カード会社に問い合わせて更新手続きをしてください。

場合によってはもう一度申し込みをして作り直す場合もあります。

ETCカードに関するトラブルで多いのは、クレジットカードとETCカードを間違えてしまう事です。

うっかりクレジットカードを挿入してしまうと、通信エラーになりますのですぐに気づくと思いますが、ETCカードである事を常に確認しておきましょう。

自動更新されずに、ETCカードの有効期限が切れたままにしておくと、しばらくして使おうと思っても使えません。

ETC割引を利用したい場合は、有効期限切れカードでは適用されませんので、現金かクレジットカードで通常料金を支払う事になってしまいます。

意外と多いミスなので、ETCカードの有効期限は覚えておきましょう。