ETCカードを使うには、車に車載器を取り付けなければいけません。

車載器にも種類はありますが、自分の好きなタイプを選べます。

車載器は大型量販店やカー用品を扱うお店からも購入できますが、取り付けに関しては自分で行う事もできます。

車好きな人なら大抵は自分で取り付けられると思いますが、あまり機械に強くない人は購入したお店で取り付けてもらう事もできます。

ただしこの場合は取付工事費用がかかります。

もしも知り合いや友人に、機械に強い人がいるなら車載器を取り付けてもらうという選択肢もあります。

車載器もレーザー探知機や、カーナビと同じように、簡単に取り付けられるタイプもありますので、挑戦してみるのもいいかもしれません。

ただし自分で車載器を取り付ける事ができても、初回のセットアップには3,000円の費用がかかります。

車載器とETCカードがあっても、セットアップをしていないと利用できません。

なるべく費用を抑えたい人は車載器を自分で取り付け、ETCカードも年会費無料のところを選べます。

しかしセットアップ費用の3,000円はカットできませんので事前に用意しておきましょう。

セットアップに関してはインターネットからでも設定できますし、郵送などでも受け付けています。

車載器を購入する場合も費用はかかりますが、利用頻度によってちがいはあるものの、ETC割引などを利用すれば意外と早く元は取れると言われています。

車載器代とセットアップ費用だけかかりますが、後は抑える事ができます。